技術情報モーターのコロナ放電試験接続方法

三相の極性を正逆に反転し試験します。また、コイルとフレーム間も試験します。従ってモータのコロナ放電試験は7ステップを試験されることをお奨めします。
そのときはAdphoxの高電圧分配器をご利用下さい。

レンタル

お気軽にアドフォクス計測器をご利用いただけるよう、
Corona-i XTシリーズのレンタルサービスをしております。
お電話でのお申込みや商品に関する不安や疑問もお気軽にどうぞ。

0428-24-6042

月~金 10:00~16:00 土日祝休み

お問合わせ・お申し込みはこちら