火花放電発生器
FO1001

概要

コロナ放電試験機で材料の絶縁強度を試験する際に便利な治具です。絶縁材料の材質の違いや厚さの違いによる絶縁強度試験に最適です。

動作説明

コロナ放電試験機側のHV端子を火花放電発生器の左側(赤い端子側)に接続。コロナ放電試験機側のReturn端子を火花放電発生器の右側(黒の端子)に接続。試験する材料を球の間に軽く挟みこんでホールドしてから、電圧を印加します。絶対にHV端子を右側の黒の端子あるいは青の端子に接続しないで下さい。ダイヤルゲージ操作中に高電圧に触らないように十分注意の上、ご使用下さい。

仕様

火花放電発生器
FO1001

FO1001
移動範囲
0 ~ 13mm
最小読み取り
10μm/目盛
外形寸法
W130mm D100mm H75mm
主な材質
ステンレス、アクリル
質量
1 kg
0428-24-6042

月~金 10:00~16:00 土日祝休み

お問合わせ・お申し込みはこちら