製品の卸売り販売・製品開発やOEMについて

■ 卸売り販売について

アドフォクスの集音器は卸売り販売もおこなっております。 当社製品の仕入れをご希望される方は、下記の流れをご参照のうえ、 お電話またはお問い合わせ よりご連絡下さい。 お問い合わせ内容を確認後、当社担当スタッフよりご連絡させて頂きます。

~ お取引の流れ ~

当社集音器のお取り扱い・仕入れは、下記の手順でお進み下さい。

  1. Step.1 アドフォクス集音器ページの閲覧
  2. Step.2 商品選択
  3. Step.3 お問い合わせ(お問い合わせフォーム・お電話・FAX)
  4. Step.4 当社担当スタッフよりご連絡
  5. Step.5 商談(お取引条件について御説明いたします)
  6. Step.6 お取引の成立

ご連絡は 「お問い合わせ」まで、お願い致します。

■ 製品のOEM供給お受け致します

当社アドフォクスでは、ご要望に応じたOEM(他社ブランドで販売される製品を製造すること)をお受けしております。 完成した製品状態から組込み基板の状態まで、ご要望に応じた形態での供給を行います。

■ 特徴

当社集音器の特徴である音声明瞭化回路ニートプロセッサは、 2001年から2009年にかけて当社補聴器に使用してきた定評ある回路です。 初代のNP-1000から始まり、 難聴の方による性能評価を繰り返しながら製品ラインアップを広げてまいりました。 当社製品への実装では、固定の増幅特性は典型的な老人性難聴の聴力特性を想定したカーブを描き、 その上に動的な増幅特性である ニートプロセッサが載ることで適応範囲を広げています。 ※ 2009年度の実績では、試聴サービスで貸出した50%超が購入に至る。

■ 音声明瞭化回路について

音を大きくするのではなく、 音を明瞭にする回路です。  日本国特許取得済 第4147445号

音声は男性の声から女性の声、子供の声まで音程(周波数)が異なります。 ここで補聴器で一般的な固定の周波数特性による音声明瞭化では、 子供の声など音程が高い音などがキンキンします。 そこで、入力された音の音程に応じて増幅特性をリアルタイムに調節する事で、 キンキンさせずに音を明瞭にするのがニートプロセッサです。 (専門用語になりますが、フォルマント増幅型と言えます) 実装の際には、ニートプロセッサが載る分だけ固定の増幅特性を押さえ気味の特性に出来るので、 ハウリングが起き難くなります。 使い易さと安全性を兼ね備えるのがニートプロセッサの特徴です。

補聴器や集音器のみならず、テレビやラジオ、オーディオ製品、PA装置やエフェクタへの組込みなど、 ご要望に合わせたカスタマイズも承ります。

ご連絡は 「お問い合わせ」 まで、お願い致します。